にっぽんを、もっと元気に

【奈良市イベント】空間アートコンテンツ提供

チアフル株式会社では、この度、奈良市内で開催された2つのイベントに、空間アートコンテンツを提供させていただき、無事に終了いたしました。

1. 「ならまちプロジェクション」
ならまちの夜を提灯で彩るイベント「ならまち遊歩」にて、奈良市在住のオーストラリア人アーティストEugene Soler(ユージン・ソーラー)と共同で企画制作した空間アート。奈良県産の蚊帳生地をスクリーンに、ならまちの暮らしや人々が積み重ねてきた歴史を感じる写真を投影し、ならまちのコミュニティを祝うものです。会期: 2018年8月17日〜26日、http://www.naramachi-yuho.com






2. 炎演出「 呼動 - KODOU- 」
今年新しくオープンした朱雀門ひろばで開催されれた「平城京天平祭」には、炎やスモークなど特殊技術を操るチームLive-ZERO.(ライブゼロ)が、音楽と炎が融合する世界を実現。日本の祭りを体現するダイナミックで躍動感あふれる空間を創り出しました。会期: 2018年8月25,26日、https://www.tenpyosai.jp

実施にあたり、たくさんの方々のご協力があってこそ行うことができました。本当にありがとうございました。

チアフル株式会社は、奈良の観光やイベントを、もっと楽しく魅力あるものにしていきたいとの想いで取り組んでいます。地域の課題に寄り添い、ともに改善に向けて歩んでいく姿勢で、今後も活躍の場を広げてまいりたいと考えております。





●チアフル株式会社
https://www.cheerfull.co.jp